HOME > 無痛治療

表面麻酔

麻酔が痛いのは麻酔液の圧力のためです。
表面麻酔により麻酔針が最初に刺さる痛みを解消します。
表面麻酔にはゲル状のもののほかに張り付けるタイプのものやスプレーのものもあります。
そのどれを使っても効果は大差はありません。

表面麻酔の手順

粘膜を乾燥させた後、ゲル状の表面麻酔を綿棒などで部位に塗る。
2分ほど待つと粘膜表面の感覚がマヒしてくる。
そうしたら表面麻酔をぬぐって、すかさず注射針をゆっくり刺し込む。



 
  Copyright (c) はあとふる調布歯科医院. All rights reserved.  
医院案内予防歯科一般歯科歯周病小児歯科審美歯科入れ歯矯正歯科PMTCインプラントホワイトニング診療時間/アクセスHOME