HOME > 矯正歯科 > 小児矯正(拡大床)

矯正歯科



小児期の矯正治療(乳歯期)

この時期での矯正治療の目的は この時期での矯正治療の目的は

  1. 正常な顎の発育
  2. 永久歯のはえる場所の確保です。
この2つの大きな目標を達成することで、美しい笑顔と健康の維持が得られます。

大人になってからはなかなか治せないような治療をする事が大切です。
お子様の成長に合わせて顎の幅を広げたりかみ合わせがずれていたりすることをまず治します。
この時期を逃すと大人になってから歯を抜いて治さなくてはならない事が多くなります。

拡大床装置


拡大床装置

 取りはずしののできる装置で、顎の成長をうながします。








 
  Copyright (c) はあとふる調布歯科医院. All rights reserved.  
医院案内予防歯科一般歯科歯周病小児歯科審美歯科入れ歯矯正歯科PMTCインプラントホワイトニング診療時間/アクセスHOME