HOME > 小児歯科 > 白濁/クラウンループ/上唇小帯異常 

小児歯科

白濁

白濁むし歯は黒いと思い込んでいる方が多数いらっしゃいますが、実は進行の早い初期のむし歯の色は白いのです。
特に乳歯のむし歯は他の部分のガラス色の透明なエナメル質部分が白濁しています。

「うちの子の歯は白いから大丈夫」とあなどっているとある日突然、ポッカリと穴が空いていて驚いて駆け込んでくるお母様方が多いものです。
早く発見すればするほど削らずにフッ素塗布のみで治療できます。

前歯に白濁がみられます。
ブラッシング不足による虫歯の手前の状態です



クラウンループ


クラウンループクラウンループは歯のない部分の方に現在生えている歯が移動しないようにするためのものです。
これから生えて来る永久歯のための場所を確保するためのものです。


クラウンループ
クラウンループ


上唇小帯異常


上唇小帯異常上唇小帯とは上唇の中央から歯茎に伸びる筋のことです。
胎生約3ヶ月頃に発生し、生後1歳未満までは、歯の近くに付着しています。
しかし、年齢を重ねるにつれ上あごが発育するため、その付着部位がだんだん上方に移動していきます。
ところが、その付着部位が上方に移動しないケースがまれにあります。

永久歯の真ん中が閉じることができずに離れた状態になることがあります。
治療をすると、写真のように歯の隙間もきれいに閉じていきます。


上唇小帯異常
上唇小帯異常

 
  Copyright (c) はあとふる調布歯科医院. All rights reserved.  
医院案内予防歯科一般歯科歯周病小児歯科審美歯科入れ歯矯正歯科PMTCインプラントホワイトニング診療時間/アクセスHOME