HOME > 小児歯科 > キシリトール

小児歯科

キシリトールについて

虫歯の原因菌である“ストレプトコッカスミュータンス菌”は、糖をエサにして酸とプラークを出します。
キシリトールは、その虫歯菌の活動を抑制することができます。


キシリトールについて

ミュータンス菌がせっせとキシリトールを食べます。


キシリトールについて

でも、キシリトールはちっともエネルギーになりません。


キシリトールについて

それでもキシリトールが好きで食べ続けるミュータンス菌。


キシリトールについて

お腹も空くし、疲れてぐったり。ミュータンス菌はおとなしくなります。




◆ キシリトールを摂取することで得られる効果

  • プラークの減少
  • プラークの質の改善
  • 歯面の滑沢化
  • 歯の再石灰化の促進

◆ 効果的な接種方法

  • 虫歯になるリスクが低い
    100%キシリトール配合ガムを1回2粒、食後3回
  • 虫歯になるリスクが高い
    100%キシリトール配合ガムを1回2粒、1日5回
  • ※リスクの高低は「カリオスタット」という虫歯菌の活動性を測るテストを行うことで判定できます。

キシリトール配合率の計算方法

キシリトールの安全性


キシリトール製品の成分表示付近に「一度に多量に食べると、体質によりお腹がゆるくなる場合があります」と書いてあることに不安を抱く方もいらっしゃいますが、キシリトールでお腹がゆるくなる量は、

  • 体重50kgの方なら100%キシリトールガムを1度に20粒くらい食べる
  • 乳児の場合、キシリトールタブレットを1度に3〜4粒以上口に入れる

となります。
いたずらに食べさえしなければ、問題や影響はないでしょう。


 
  Copyright (c) はあとふる調布歯科医院. All rights reserved.  
医院案内予防歯科一般歯科歯周病小児歯科審美歯科入れ歯矯正歯科PMTCインプラントホワイトニング診療時間/アクセスHOME